【満員御礼】地域で支える認知症(4月8日(土))【終了しました】

  • 2017.03.14

  • 今回、武蔵野市地域医療連携フォーラムでは、認知症がテーマです。


    認知症は、さまざまな要因によって脳の神経細胞が萎縮するなどして壊れ、
    そのために認知機能が低下して、日常生活や人間関係などに支障をきたすようになってきた
    状態の総称です。

    認知症はご本人も不安を抱えますが
    認知症の家族の多くの方々は、いつまで続くのかわからない介護にストレスを感じ、
    長期にわたる対応に体調を壊したりと、悪い環境に陥りがちです。家族だけで抱え込むのではなく、
    かかりつけ医、専門医、地域包括支援センター、ケアマネジャーなどに相談する事が重要になってきます。


    認知症は、適切な医療と多くの職種によるケアがあれば、安心して穏やかに過ごせることが期待できます。


    この様な側面から、今回のフォーラムでは、認知症の正しい理解を講演し、さらに
    かかりつけ医と武蔵野赤十字病院そして武蔵野市の認知症連携について御紹介し
    皆さんとともに考えてみたいと思います。


    日時:平成29年4月8日(土) 午後2時~4時30分

    場所:武蔵野市公会堂ホール


    お問い合わせ:武蔵野赤十字病院・医療連携センター

    連絡先:0422-32-3111

    詳細は下記リンクをクリックしてください。

    アップファイル1

武蔵野市医師会
〒180-0006
東京都武蔵野市中町2-15-5Googleマップで見る
TEL:0422-54-6156
FAX:0422-53-0571